沿革

 水月湖年縞 研究の歩み

1962年 三方湖の近くで縄文時代の遺跡、鳥浜貝塚を発見
1991年 鳥浜貝塚の研究の一環として行った水月湖でのボーリング調査で「年縞」を発見
1993年 国際日本文化研究センター安田喜憲教授(当時)が本格的なボーリング調査を実施、水月湖の年縞が45m連続していることを発見
1994年 国際日本文化研究センター北川浩之助手(当時)が年縞の枚数を数え、葉の化石の放射性物質(炭素14)を測定する研究を開始
1998年 北川浩之助手(当時)の研究データが、アメリカの科学誌「サイエンス」に掲載されるが、「世界標準のものさし」としての採用は見送り
2006年 ニューカッスル大学(英国)の中川毅教授(当時)を中心とした国際チームが再度ボーリング調査を実施、「完全に連続」した年縞の採取に成功
2012年7月 パリで開催された「第21回国際放射性炭素会議」において、水月湖のデータを中心に作成された「IntCalイントカル」が年代の「世界標準のものさし」として採用
2012年9月 水月湖の新しいデータを報告した論文が、アメリカの科学誌「サイエンス」に掲載
2013年9月 水月湖のデータを中心に作成された「IntCalイントカル」が年代の「世界の標準ものさし」として運用開始

福井県年縞博物館 開館までの歩み

2014年3月 県が「年縞」利活用基本構想を策定
2014年9月 県が水月湖の年縞コアを新規採取
2015年7月 県が水月湖「年縞」研究展示基本計画を策定
2015年 県が水月湖年縞研究展示施設(仮称)の基本設計着手
2015年10月 県と立命館大学が年縞を基にした研究等に関する基本協定書を締結
2016年 県が水月湖年縞研究展示施設(仮称)の実施設計着手
中学校教科書に水月湖年縞が掲載
2017年3月 水月湖年縞研究展示施設(仮称)の工事着工
2018年3月 水月湖年縞研究展示施設の正式名称が「福井県年縞博物館」に決定
2018年8月 福井県年縞博物館の工事竣工
2018年9月15日 福井県年縞博物館開館